ご挨拶

日本端子は、1960年の創業以来50年以上にわたって端子・コネクタの製造を続け、自動車用電子部品をはじめエレクトロニクス業界の発展に寄与し成長してまいりました。また、お客様の立場で考えることが意義ある価値を生むという信念のもと、創業から今に至るまで、端子圧着機械の製造も行っています。

日本端子の企業理念「つないで世界に活力を。」は、技術と技術をつないで電気(活力)を流すことにはじまり、人と人また企業・社会をつなぐことで、世界中を幸せで活気に満ちた社会にしたいという私たちの意志そのものです。リーマンショック・東日本大震災など、日本また世界に大きな打撃を与えた出来事を目のあたりにした今、その思いを一層強くしています。お客様の達成感に満ちた笑顔、そのお客様の商品を使って喜ぶ人々の笑顔をゴールに思い描きながら、源流でしっかりと技術・力をつなぎ続けていきたいと思います。

日本端子株式会社 代表取締役社長 河野二郎

私たちの製品はこの50年、鉄道にはじまり自動車や白モノ家電などに使われ、日本経済の成長と共に歩んでまいりました。そして次の50年、日本端子は世界経済の発展に貢献すべく新たなステージを歩み始めています。多種多様なグローバルニーズに応え続けるためにも、あらためてモノづくりの基本「製品開発力・生産技術力」に立ち返った基礎固めを行い、また同時に日本端子への期待に応え続けるためにも、マーケティング力を強化し、技術革新に向けて果敢なる挑戦をいたします。私たち日本端子は、全社員が心を一つにしてお客様の信頼に応え、活力あふれる社会の実現に向けて努力してまいります。

日本端子株式会社 代表取締役社長
河野 二郎

このページの先頭に戻る